クレジットカード現金化業者が逮捕!

こんなニュースが出ていました。

クレジットカードでの支払代金の一部を利用者にキャッシュバックし、その手数料名目で得た事業所得から約4千万円を脱税したとして、東京国税局が東京都内の会社代表を所得税法違反の罪で、東京地検に告発していたことが19日、分かった。
消費者金融の貸し出し規制などが導入された平成18年の貸金業法改正以降、クレジットカードを使った不正な現金化は法規制をかいくぐる新手の「ヤミ金」として横行しているが、業者が告発されたのは初めて。
関係者によると、告発されたのは福場秀樹代表(32)。福場代表は資金を必要としている多重債務者などに対し、クレジットカードのショッピング枠を使って安価な雑貨などを1個10万円前後で購入させ、法外な手数料を引いた残額をキャッシュバックする商法を展開。平成20年分までの3年間で得た事業所得約1億3千万円を隠し、所得税約4千万円を免れたとされる。脱税した資金は主に遊興費に充てられ、特にキャバクラでは1カ月で200~300万円を使った時期もあったという。
関係者によると、福場代表は17年ごろまでヤミ金業を行っていたが、警察当局の取り締まりが強化されるなどしたため、18年ごろからクレジットカードを使った現金化商法にシフトしたとみられる。
クレジットカードの現金化業者は全国に200業者以上いるとされるが、取り締まる法律がないため、事実上の野放し状態となっている。国税当局は一斉の税務調査に乗り出し、一部の業者に所得隠しを指摘するなどして追徴しているが、「偽名を使うなど実態把握が容易ではない」(関係者)という。

福場秀樹が関係する業者

「ユニティワン」

「城南ギフト」

「ホーミー」(旧:まごころギフト)



「aproach」(旧:ハートステーション)


さて、この脱税した福場が、どのような言葉をサイトに載せていたかご覧いただこう。
以下引用。

企業理念
弊社は、このキャッシュバックサービスを単なる「裏技的融資」にとは考えておりません。
不況の影響で多くの方が経済的に困窮し、やむなく高利の融資を受けて、その利子の支払いに苦しんでいます。

弊社は、この様な方々にキャッシュバックサービスで低利の返済に切り替える方法を提案し、
少しでも楽に借り入れを返済して頂きたいと思っております。

以上、引用終わり。

実際の目的はお金をしこたま貯めて脱税&キャバクラで豪遊することだったんですね。
笑っちゃうよ。

  • 最終更新:2011-08-10 21:09:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード