預金者保護法

預金者保護法は正確には
「偽造カード等及び盗難カード等を用いて行われる不正な機械式預貯金払戻し等からの預貯金者の保護等に関する法律」といい、
預金が不正に引き出された場合に、被害者に対して全額補償を行う法律である。

ただし、預金者に過失が認められた場合(暗号をメモしておく、推測されやすくするなど)
返金される割合が減額されるので注意が必要である。


  • 最終更新:2010-11-27 20:33:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード